ここから本文です

YOSHIKI、人工椎間板置換手術成功&麻酔から覚醒後スタジオに直行

5/17(水) 14:13配信

音楽ナタリー

X JAPANのYOSHIKI(Dr, Piano)の頸椎椎間孔狭窄症の手術が昨日5月16日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスのシーダースサイナイ病院で行われ、成功した。

【写真】X JAPAN(他3枚)

激しいドラムプレイによって頸椎椎間孔狭窄症と診断されたYOSHIKIは、ニールアナンド医師の執刀で人工椎間板置換手術を受けた。手術は数時間におよんだが無事に成功し、容態は安定しているという。医師によると術後しばらくは声を出すことが困難な状態が続くが、時間の経過と共に本来の声に戻るとのことだ。手術による傷口は6週間で部分的に治癒し、半年後には90%が回復する見込みだが、左の腕から手までの強い痛みの症状は改善にどの程度の時間を要するか現時点では不明としている。

また通常は同様の手術を受けたあと、数日間入院することが望ましいとされているが、YOSHIKIは手術の直前まで書いていた楽曲のレコーディングに取りかかりたいという希望から、医師に退院を直談判。全身麻酔から覚醒したあと、鎮痛剤によって意識がもうろうとした状態でスタジオに直行した。そして30分ほど作業を続けたが、体に大きな負担がかかったため、同行スタッフとナースの説得に応じて、現在は医師の管理下で自宅療養している。

なお7月に大阪と横浜で開催予定のX JAPANのツアー「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X」日本公演、および8月から9月に実施予定のYOSHIKIディナーショーなどのスケジュールについては術後の回復状況を鑑みて、近日中にアナウンスされる。

最終更新:5/17(水) 14:13
音楽ナタリー