ここから本文です

南キャン山里 綾部の勘違い発言を暴露「デカプリオって…」

デイリースポーツ 5/17(水) 14:07配信

 南海キャンディーズの山里亮太(40)が17日、日本語吹き替え版の声優を務める米映画「パワー・レンジャー」(7月15日公開)の公開アフレコを共演の勝地涼(30)、広瀬アリス(22)と都内で行い、ニューヨークで芸能活動を開始したピース綾部祐二(39)への対抗心を燃やした。

 「ハリウッドスターになって、レッドカーペットを歩くのが目標」という綾部が、渡米直前に「山里さぁ、デカプリオって最近いい顔になってきたよね」とすっかり“ハリウッド目線”で語っていたことを暴露した。

 その上で、勝地と広瀬が先日、ハリウッドで行われた今作のワールドプレミアに参加したことを聞くと、山里は「続編があったら、今度はレッドカーペットを歩きたい。ついでに、そのころ綾部がバイトしてるであろうカフェでコーヒーを飲む。ちょっと多めに料金を払って、『これでパンでも買いなよ』と言いたい」と下克上を思い描いていた。

 同作は、日本の「スーパー戦隊」を全米で放映したテレビシリーズの劇場版。山里はレンジャーをサポートするロボット役。勝地と広瀬はそれぞれレッドとピンクのレンジャーを演じる。

最終更新:5/17(水) 14:51

デイリースポーツ