ここから本文です

<ボクシング>村田らトリプル世界戦6人、予備検診異常なし

毎日新聞 5/17(水) 18:39配信

 プロボクシングのトリプル世界戦(20日、東京・有明コロシアム)の予備検診が17日、東京都内であり、2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(帝拳)ら6選手に異常はなく、対戦相手同士の体格はほぼ互角だった。

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦に臨む同級2位の村田は、同級1位のアッサン・エンダム(フランス)より身長で1.6センチ、リーチで0.5センチ上回った。握手を交わし、穏やかな雰囲気で検診を終え「お互いにらみ合うようなタイプではなく、2人とも似たような体形。テレビで見た時より小さいと思った」と笑顔で語った。

 他の2試合は、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級1位の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が王者フアン・エルナンデス(メキシコ)に、WBCライトフライ級4位の拳四朗(BMB)が王者ガニガン・ロペス(メキシコ)にそれぞれ挑む。【飯山太郎】

最終更新:5/17(水) 18:55

毎日新聞