ここから本文です

市民病院跡地の民間病院撤退

毎日放送 5/17(水) 19:19配信

毎日放送

 来年4月の閉鎖が決まっている大阪市立・住吉市民病院の跡地に誘致する予定だった民間病院、が市に撤退の意向を伝えたことがMBSの取材でわかりました。市は計画の練り直しを迫られることになりそうです。

 2キロしか離れていないところに大阪府立病院があるため、橋下前市長が二重行政だとして閉鎖を決めた住吉市民病院。しかし地元や議会の要望により、大阪市は跡地に民間病院の誘致を決め、南港病院が運営することになりました。

 ところが、建設計画のミスから病院の開業が2年遅れることになり、その間の運営費を市が負担するかどうかが市議会で議論となっていました。結局、市議会が税金投入に難色を示したことから、南港病院側は経営面の不安があるとして17日、市に撤退を申し入れたということです。

 来年、大阪府と市は共同で高度医療に対応する小児周産期の病院を開業する予定ですが、民間病院が撤退するとベッド数が減ることから、市は病院計画の練り直しを迫られることになります。

毎日放送

最終更新:5/17(水) 20:11

毎日放送