ここから本文です

眞子さまご婚約へ 大学同級生・小室さんと 陛下の孫で初

産経新聞 5/17(水) 7:55配信

 ■宮内庁、近く正式発表

 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが国際基督教大学(ICU)時代の同級生で東京都内の法律事務所に勤務する小室圭(けい)さん(25)と婚約に向けた準備を進められていることが16日、宮内庁関係者への取材で分かった。眞子さまは25歳になられる。秋篠宮ご夫妻に小室さんを紹介し、交際を認められている。天皇陛下の孫の結婚は初めてで、両陛下も報告を受けられているという。宮内庁はご婚約内定について近く正式発表する。

 宮内庁によると、小室さんは法律事務所に勤めながら一橋大学大学院に在学中。横浜市で母親と祖父と3人暮らし。小室さんが17日にも取材に応じる方向で調整を進めている。

 眞子さまは天皇直系の子供や孫にあたる女性皇族の内親王で、宮内庁は秋篠宮ご夫妻と相談し、両陛下の長女で同じ内親王として平成17年に結婚した黒田清子さんの例も参考に、準備に当たっているという。

 眞子さまは今後、一般の結納にあたる「納采の儀」、結婚式の期日を伝える「告期(こっき)の儀」を経て、結婚式に臨まれる見通し。結婚すれば、皇籍を離脱されることになる。

 眞子さまは両陛下にとって初めての孫で、学習院女子高等科を卒業後の22年4月、皇族として初めてICUに進学された。

 ICU在学中の23年10月には20歳の成人を迎えての記者会見に臨み、ご結婚について「両親、特に父は私の年の頃には結婚を考えていたようですけれども、私はまだ余り結婚については考えたことはありません」とご回答。理想の男性像は「確たるものはございません」と述べられていた。

 一方、秋篠宮さまは昨年11月の誕生日の記者会見で、眞子さまと次女の佳子さまの結婚に関して「娘たちの意思をできる限り尊重したい」と話されていた。

 眞子さまはICUを卒業後は英国のレスター大大学院に1年間留学し、文学修士(博物館学)をご取得。昨年から東京大学総合研究博物館の特任研究員として週3日ほど勤務しているほか、日本テニス協会名誉総裁、日本工芸会総裁の役職を務めるなど公務に励まれている。

最終更新:5/17(水) 8:34

産経新聞