ここから本文です

【3歳クラシック指数:牝馬編】桜花賞惨敗のアドマイヤミヤビが不気味な存在

5/17(水) 21:37配信

東スポWeb

 ファンディーナ(指数84)が秋まで休養に入ったことで、指数80台は3頭に。桜花賞で断然の支持を集めた3着ソウルスターリング、これに先着した2着リスグラシューの2頭が指数85でトップを分け合っているのに対し、桜花賞馬レーヌミノルが指数83にとどまったのは距離に最も不安があるため。

 以下は開きがあるが、一番不気味なのは桜花賞12着惨敗で“指数を下げざるを得なかった”アドマイヤミヤビ(指数77)。クイーンCで2着に退けたアエロリットがNHKマイルCを快勝したことで、桜花賞前までの戦績の価値は上がった。いずれにしても桜花賞組中心としていいだろう。

最終更新:5/17(水) 21:37
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ