ここから本文です

元関脇の幕下豊ノ島は2連敗「15日間の4、5連敗よりしんどい」

デイリースポーツ 5/17(水) 15:06配信

 「大相撲夏場所・4日目」(17日、両国国技館)

 元関脇で東幕下19枚目の豊ノ島(33)=時津風=が初日黒星に続き、連敗を喫した。琴太豪(佐渡ケ嶽)にもろ差しを許し後退、土俵際の投げも不発で寄り倒された。

 「相手が前みつを離さなかった。引いてしまって呼び込んでしまった。あんまりいい感じじゃない。思い切って自分の相撲が取りたいけど相撲が小さくなっている」と、もどかしい心境を吐露した。

 昨年7月場所前に左アキレス鍵を断裂。2場所全休し、昨年11月場所で幕下に陥落した。先場所は場所前に右ふくらはぎを痛め、1勝5敗1休と、苦しい場所が続いている。

 「2敗すれば、ここで負けちゃだめだとか考える。楽しんで取りたいけど、なかなか楽しむのはできない。7番相撲の2連敗は15日間なら5連敗と一緒。計算しちゃう。次が初日と思って取りたいけど、負けると『引退』の文字もあるから。負けると迫ってくる。どこかで考えてしまう。15日間の4、5連敗よりしんどい」と悲壮感。最後は「何とか頑張ります」と自らに言い聞かせ、国技館を後にした。

最終更新:5/17(水) 17:28

デイリースポーツ