ここから本文です

【オークス】怖~い鮫島厩舎“3本の矢”「3頭とも順調で、それぞれ持ち味が違う分、楽しみも大きくなる」

5/17(水) 21:37配信

東スポWeb

【オークス(日曜=21日、東京芝2400メートル)聞かせて!核心】無敗のソウルスターリングが敗れ、ファンディーナは休養入り…。混沌としてきた牝馬第2冠に大挙3頭を送り込むのが鮫島厩舎。18分の3枠を占めるとなればチャンスも広がる!? 指揮官の鮫島一歩調教師(63)の手応えはいかに!?

 ――3頭出しを敢行

 鮫島調教師:多く出られるに越したことはないからね。マナローラは賞金900万なので心配していたが、抽選なしでも出られるとは運がいいですね。

 ――連勝で忘れな草賞を制したハローユニコーンは直行する形に

 鮫島調教師:勝った後にリフレッシュ放牧に出していた。1週前追い切りの時点では少し重かったけど、直前の追い切りで仕上がると思いますよ。連勝中に見せたような、しまいを生かす競馬が合うんだろうね。(前々走の黄梅賞で)中山にも行っているから長距離輸送は大丈夫だし、忘れな草賞のレースぶりから距離も問題ないと思います。

 ――モズカッチャンはフローラSで3連勝を決めた

 鮫島調教師:直線に入ってからも馬群でモマれていたし、さばけたところで“まあ、3着でも権利が取れれば”と思っていたら、最後はすごい伸び脚。鞍上の和田君も驚いていたよ。ゲートに心配はあるけど、この距離なら少々遅れても問題ないでしょう。出たなりでじっくりいけば、今回もしっかりした脚を使ってくれると思う。

 ――自己条件(デイジー賞)勝ちのマナローラも結果として間に合った

 鮫島調教師:重馬場で2勝しているように、天候に左右されないのはいいですね。2走前(ゆきやなぎ賞)の2400メートルで6着に負けているけど、長い距離への適性を感じているからこそ牡馬相手でも使ったんだ。基本的に距離は持つと思うし、乗り方ひとつでしょう。

 ――個性派3頭で臨む手応えを

 鮫島調教師:3頭とも順調に調整できているし、ここにきて良くなってきたところがそれぞれにある。やはり持ち味が違う3頭で臨む分、楽しみもそれだけ大きくなりますね。

最終更新:5/17(水) 21:37
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ