ここから本文です

眞子さまと婚約へ 小室圭さんが会見「時期が参りましたら…」

スポニチアネックス 5/17(水) 10:06配信

 秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さま(25)が「近くご婚約へ」と報じられてから一夜明けた17日、お相手の小室圭さん(25)が都内の勤務先で記者会見を行った。小室さんは時折笑顔を見せるなど明るい表情で、この日朝に眞子さまと電話で会話をしたことを明かしたが、「時期が参りましたら改めてお話しをしたい。今は申し上げる時期ではございません」と多くを語らなかった。

【写真】17日、赤坂御用地を出られる眞子さま。幸せそうなほほ笑みで会釈

 午前6時過ぎ、小室さんはやや緊張した面持ちで横浜市内の自宅マンションを出ると、報道陣に向かい深く一礼。車に乗り込み、1時間後に勤務先に到着。その後、この日の会見に臨んだ。

 緊張した表情で報道陣の前に姿を現し、まずは深々と一礼した小室さん。今後の準備や、眞子さまのお人柄、自身の座右の銘などの質問が寄せられたが「時期が参りましたら、あらためてお話しさせていただきます」「今の時点ではお話しするのを控えさせていただきたいと思います」と話すにとどめた。

 そんな中、この日朝の眞子さまとの電話でのやりとりが明かされた。会見に臨むに当たり、小室さんが「いってきます」と伝えたところ、眞子さまからは「いってらっしゃい」との言葉を返していただいたという。また、自身の仕事についても「パラリーガルとしまして、法律の事務に携わらせて頂いております」と説明。将来国際弁護士を目指すと報じられたことに質問が及んだが「しかるべき時期がきましたら、いろいろと考えを巡らせていきたいと思います」と話した。

 小室さんは、横浜市在住で眞子さまの国際基督教大学(ICU)時代の同級生。現在は法律事務所に勤務しながら一橋大大学院に通う。皇室関係者によると、5年ほど前に共通の友人を介して知り合い、出会って1年ほどしてプロポーズ。都内や神奈川県内、葉山御用邸などでもデートを重ね、秋篠宮ご夫妻も公認の仲だったという。

 学生時代の2010年には、神奈川県藤沢市の観光をPRする「海の王子」に選ばれ、1年間活動していた。

最終更新:5/17(水) 15:15

スポニチアネックス