ここから本文です

物理的にPC占拠/破壊の場合すらある「ニャンサムウェア」

Impress Watch 5/17(水) 14:22配信

 バックグラウンドでユーザーデータを暗号化し、暗号界解除の見返りとして身代金を要求するランサムウェア。先日もランサムウェア「WannaCry」への対策として、Microsoftがサポート終了済みのWindows XP向けに異例のパッチを提供するなど、被害が拡大している(Microsoft、異例のWindows XP向けパッチ配布。全世界で猛威を振るうランサムウェア対策用参照)。

 ランサムウェアなどのマルウェアに対しては、OSに常に最新のパッチを適用する、デバイスにマルウェア対策ソフトをインストールする、不用意にメールの添付ファイルを開かない、不用意に他人がSNSなどに貼ったリンクをクリックしないなどの対策がある(日本マイクロソフトの説明)。

 だが、そんな対策もどこ吹く風。しかも、データの破壊どころか、PCの物理的な占拠や破壊をすることすらある「ニャンサムウェア」の被害も、Twitterなどで多数報告されている。PC Watchにも、そんなニャンサムウェアについての連載「お宅のオタクネコ拝見」があるので、ちょっとした仕事の息抜きに、ご覧いただければと思う。

ニャンサムウェアに関するツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs");

PC Watch,若杉 紀彦

最終更新:5/17(水) 14:22

Impress Watch