ここから本文です

遺骨、高校教師と判明=客船セウォル号の沈没事故海域で発見―韓国

時事通信 5/17(水) 17:08配信

 【ソウル時事】2014年4月に韓国南西部沖で起きた客船セウォル号の沈没事故で、韓国政府は17日、沈没海域で5日に発見された遺骨について、DNA分析の結果、修学旅行の生徒を引率していた檀園高校(安山市)の男性教師と判明したと発表した。

 行方不明となっていた9人のうち、遺骨から身元が特定されたのは初めて。

 陸揚げされたセウォル号の船内からも遺骨が相次いで見つかっており、今後、不明者の特定が進むとみられる。事故では檀園高校の生徒ら295人が死亡している。 

最終更新:5/17(水) 17:23

時事通信