ここから本文です

車マーク投影で商標侵害=容疑の男逮捕―千葉県警

時事通信 5/17(水) 17:55配信

 大手自動車メーカーのロゴマークを地面に投影する器具を販売し商標権を侵害したとして、千葉県警サイバー犯罪対策課などは17日、商標法違反容疑で、貿易会社代表取締役で中国籍の魏求実容疑者(55)=埼玉県川口市並木=を逮捕した。

 「利益を侵害しているつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は2014年1月~16年11月ごろ、神奈川県の男性ら6人に投影器具8台を販売し、メルセデス・ベンツやマツダなど大手自動車6社の商標権を侵害した疑い。

 同課によると、器具は車のドア下部に取り付け、ドアが開くと地面にロゴマークが投影される仕組み。魏容疑者は中国の玩具メーカーから輸入し、インターネットで販売していた。約3年間で約200台(約220万円)を売ったという。 

最終更新:5/17(水) 17:59

時事通信