ここから本文です

<共謀罪>自公が週内の衆院通過見送り 会期延長検討へ

毎日新聞 5/17(水) 20:59配信

 自民、公明両党は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、週内の衆院通過を見送る方針を固めた。民進、共産、自由、社民の野党4党が17日、金田勝年法相の不信任決議案を衆院に提出し、同日の衆院法務委員会は開かれなかった。与党は19日に衆院法務委で改正案を採決する構えだが、同日中の本会議採決は回避する。衆院通過は23日以降になる見通しだ。これに伴い、与党は会期延長の検討に入った。

 金田氏に対する不信任案は18日の衆院本会議で与党の反対多数で否決される見込み。19日に衆院法務委で改正案を採決した後、本会議に緊急上程することも可能だが、同日は天皇陛下の退位を実現する特例法案が閣議決定されるため、与党は「審議入りを前に野党の反発で国会が混乱するのはよくない」(幹部)と判断した。

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日、東京都内で会談し、改正案を23日の衆院本会議で採決する方針を確認した。引き続き6月18日までの今国会会期中の成立を目指す。ただ、参院の審議日程は窮屈になっており、性犯罪の罰則を強化する刑法改正案の審議も控えている。自民党国対幹部は「会期延長はありうる」と語った。

 与党内では、東京都議選(6月23日告示、7月2日投開票)をまたいで、8月上中旬までの大幅延長案が有力になっている。【光田宗義、高橋恵子】

最終更新:5/17(水) 21:37

毎日新聞