ここから本文です

生まれ変わった由規、復活への道 低めの制球で7回零封

朝日新聞デジタル 5/17(水) 23:57配信

 (17日、ヤクルト7―0巨人)

 ヤクルトの由規(よしのり)投手(27)が17日の巨人戦で7回無失点の力投で、今季初白星を挙げた。160キロの快速球を売りにしていた右腕は2013年の右肩手術を経て、昨季に復活勝利。さらに進化を遂げようと節制に努めてきた――。

 決して力任せの投球ではない。「大胆に、丁寧に」。27歳になった由規が、見事な「大人の投球」を披露した。

 150キロ前後の直球には切れがあり、低めに制球されていた。だからスライダーもフォークも生きる。7回を2安打で無失点。真中監督も「期待以上といったら失礼だけど、素晴らしい内容だった」と絶賛した。

朝日新聞社

最終更新:5/18(木) 1:00

朝日新聞デジタル