ここから本文です

昨年の学生横綱・水戸龍、初白星も「まだまだですね」

スポーツ報知 5/17(水) 16:22配信

◆大相撲夏場所4日目 ○水戸龍(小手投げ)鶴林●(17日・両国国技館)

 大相撲夏場所4日目は17日、東京・両国国技館で行われ、日大出身で昨年の学生横綱である幕下15枚目格付け出しの水戸龍(錦戸)が初白星を挙げた。

 東12枚目の鶴林を土俵際の小手投げで下したが、笑顔はない。「2番目でも緊張はなくならない」と所作を間違えるなど、本来の姿にはほど遠かった。立ち合いからの流れは相手にもろ差しを許す苦しい展開。なんとか土俵際で逆転したが、「まだまだですね」と反省していた。

 「前回(14日、天空海に黒星)は緊張で力が抜けてしまい、途中でダメだと思ってしまった。今日は残さないといけないと思った」と振り返った。初白星については「納得していない。緊張で立ち合いも覚えてない。今後、慣れていければいい」と話した。

 大学時代のライバルで、同じ幕下15枚目格付け出しの矢後(尾車)は2連勝スタート。「(矢後の)結果は気にしていない。自分は自分。お互い頑張っていい勝負が出来れば」と話した。日大時代の関係者らが応援に駆けつけ声援が聞こえた。「責任を感じました」と話し、無事初勝利をプレゼント。取り組み後、会場を見渡したが見つけることができず、残念そうな表情を浮かべていた。

最終更新:5/17(水) 16:22

スポーツ報知