ここから本文です

【特別企画】「ArcheAge」、スキマ産業で凌ぐ「職人」にオレはなる!

Impress Watch 5/17(水) 17:00配信

 ゲームオンが運営するWindows用MMORPG「ArcheAge」。2017年の7月には4周年を迎えるということで円熟味を増してきた本作は、戦闘だけでなく、流通や農耕、素材の加工といった生活系コンテンツも重視されており、これらに特化したゲームプレイも可能となっているのが最大の特徴です。

【この記事に関する別の画像を見る】

 そこで今回は、ライターのたてりょうた氏が「ArcheAge」内にて、ド頭から縛りを設ける「職人なりきりプレイ」に挑戦します。かつては成歩堂龍一になりきって「逆転裁判」シリーズのクイズ大会に出場する、「ウォッチドッグス2」の主人公マーカスになりきってコスプレ&パルクールに挑戦するなど、現実・非現実を問わない“なりきりプレイ”に定評のあるたて氏。縛りプレイを乗り越えた先に何があるのか? その一部始終をぜひお楽しみください。

■このドワーフの職人に祝福を!! 「ArcheAge」で職人として生きていく

 オッス! ワシ、ウンガロ! 「ArcheAge」の世界で生きていくことになったドワーフの戦士なんじゃ!

 なぜ、ワシがドワーフとしてこの世界で生きることになるかというと話は少し遡って説明しなければならないんじゃ。

 当時、ワシはどこにでもいる普通のゲームライターだったんじゃが、ある1本の電話でそんな生活は違ったものになったんじゃ……。

編集部 安田:「あ、たてさん? ヒマでしょ?」

たてりょうた:「またお前か。ヒマとか言う……」

安田:「今回ね、ゲームやってほしいの。MMORPGやってほしいのよ」

たて:「え? ゲームを一切オレに触らせない方針じゃなかったの!? GAME Watchって!?」

安田:「ゲーム情報サイトなんだからやるに決まってるじゃん。何言ってるの?」

たて:「……おう」

安田:「というわけで、『ArcheAge』やってよ。MMORPGの世界で生きてよ。今そういうの流行ってるし」

たて:「あ、みたみた! 良かったよね! 『このすば』」

安田:「ハイ。じゃあ、もうゲームの中でなりきってプレイしてね」

ガチャ

 というわけで、ワシはドワーフとしてこの世に生きることになったんじゃ。やはり、RPGといえばドワーフ! もしゃもしゃのヒゲに、ムキムキの筋肉!!

 すべてを破壊する戦士として生きていくことに!

ルルルルル

安田:「言い忘れました。今回は戦うのメインじゃなくて、職人としてだけ生きてね」

ガチャ

……は?

■なんだよ! 職人プレイってなにするんだよ!

 というわけで、GAME Watchの神・安田により訳のわからん縛りを設けられたワシ。途方に暮れているんじゃ。

 簡単に「ArcheAge」の特徴をさくっと説明するぞい。

□戦士や魔法使いといった職業を自分で明確に選ぶのではない

 主に攻撃スキルの種類などを決めるゲームシステム上の「職業」は、キャラクターに3つの「適正」を付与することで、決定するんじゃ。適正は、「格闘」、「壁」、「意志」、「使命」、「野性」、「幻術」、「死」、「魔法」、「ロマン」、「愛」の10種類あり、この3つの組み合わせで決まるのじゃ。

 「格闘」、「鉄壁」、「意志」の組み合わせなら「戦士」に、「幻術」、「鉄壁」、「魔法」の組み合わせなら「戦魔師」という風に決まるのじゃ。

 つまり、120種類の職業名があるということじゃな。ちなみに、ワシの職業は「バーサーカー」(格闘+死+使命)! ……職人だけど。

□種族と勢力により、紛争、戦争がある

 自分が所属する勢力と敵対勢力による戦争があるのも特徴のひとつじゃ。敵対勢力のプレーヤーにはペナルティなしで攻撃ができるが、同勢力のプレーヤーをPKしてしまうと犯罪者になってしまうから要注意するのじゃぞ。

 ちなみに、犯罪は、PK以外にも他人が育てた作物などを収穫しても敵味方関係なく犯罪行為としてみなされるので要注意じゃ。これ、やりがちなので要注意じゃな!(経験者談)

□犯罪者は裁判にかけられる!

 犯罪を繰り返すと、不名誉ポイントが貯まり、すべての勢力の敵になってしまうので、犯罪者プレイをしたい人以外は注意すべしじゃな。

 なお、犯罪点数が50点を超えたキャラクターが、指名手配状態になり、死亡すると裁判所に送られてしまうことになるぞ。

 善良に暮らしているプレーヤーが条件を満たすと、陪審員となって裁判に参加することもできるというビックリするくらいな現実っぽい設定じゃな。有罪プレーヤーは刑務所に入れられるが、脱獄などもできるようで、「あばよーとっつぁん」プレイも可能なのじゃ!

□職人プレイに必須な「生産」。でも作れるもの多すぎ……

 ほかにも、貿易や、攻城戦などの要素があるんじゃが、今回、ワシは職人生活をせねばならぬ。職人に1番大事な要素は生産じゃ。

 その名のとおり、アイテムを生産するシステムじゃが、生産できるものがアホみたいにあるんじゃよ……。実はワシ、開始して5分で途方にくれているんじゃよ。

 ドワーフの鍛冶屋とか設定ステキじゃね!?

 って思ってた時期がワシにもあったんじゃが、そう簡単に装備ばかり作らせてもらえない感じなんじゃ……。

■ワシ、何職人になればいいんじゃ……

 もうね。作れるもの多すぎるんじゃよ。鎧や武器はあたりまえのこと、騎乗動物の装備や、騎乗動物自体、さらに、家具や、石像などの装飾品、食べ物や造船に、畜産、漁師……。

 やれることが多すぎて、どう生きればいいのか涙目よね。ワシ。武器作るにも、いろんな材料が必要だし、収集するのを考えるだけでワシ、震える。

 ただね、ここで「どうも!お花を摘んで生活するドワーフでーっす★」ってなると、ワシの中のロールプレイが崩壊するの! そんなドワーフはワシのドワーフじゃないの! ドワーフは、汗まみれで、土まみれでビール飲んで「ガハハハハ!」って笑うのが正義なの! そんな立派なドワーフにワシはなる!

 というわけで、あこがれの武器作りを試してみつつ、メインクエストやサブクエストもこなしながら何職人になるのかを決めていくのじゃよ。

□突然始まるウンガロのおすまし武器メイキング!

 テレテッテッテーテー、テレテッテッテーテー、テッテレテレテレテッテッテー(あの料理番組の曲をみなさま脳内で再生してください)。

 ご機嫌いかがでしょう奥様。今回は実際鍛冶屋ってどんな感じ? ということで、とりあえず武器を自分用につくってみます。

 本日のメニューは、ドワーフだったら両手斧。「アプレンティスツーハンドアックス(砂漠)」をつくってみます。

 こちらのメニューは、両手斧では最も材料が必要としないものですので、これから鍛冶屋を目指す奥様たちにも簡単にお作りいただける両手斧となっています。

 まず、「サンアーキウムの粉」を5つ、「鉄インゴット」を5つ用意します。

 ……材料0からはじめる場合は、鉱石掘れる場所を探しまくり、放浪しまくる。1時間近く岩のオブジェクトを見つけては、マウスカーソルを当てて掘れるのか確認。掘れる岩を見つけたら速攻で飛んでいく、という作業を繰り返せばあっという間に鉄鉱石が集まるはずです。

 そして、「サンアーキウムの粉」。こちらは、モンスターを狩りまくり、狩りまくり、狩りまくる。そして、落としたアイテムを鑑定して「サンアーキウムの粉」だったらガッツポーズをしながら、集めます。レベル差がありすぎるとアイテムを落とさないので、奥様達はご注意くださいね。

 素材が集まったら、鉄鉱石を「鉄インゴット」に加工します。

 はい。ここで、ワンポイントアドバイス!

 ……全部の行動に「労働力」いるからね? 「労働力」は採集のほか、生産や、アイテムの鑑定など生活的な行動を取ると消費されて、0になると行動できなくなります。武器作りでもガッツリ使うわけですね。

 そして、すべての素材が集まったら、隠し味に「労働力」100を用意します。

 もう1度言いますよ? 「労働力」100を用意します。

 そして、「アプレンティスツーハンドアックス(砂漠)」をクリック!

 ハイ!できあがり!

 こちらが、材料0から2時間ちょいかけて作った「アプレンティスツーハンドアックス(砂漠)」でございます。

 レベル20から55まで使える両手斧なのでございます!

【アプレンティスツーハンドアックス(砂漠)】

 どうです? いま装備している装備より、……弱い(あれー?)。

 クエストや、レベル報酬でもらえる武器が優秀で、ワシが丹精込めて作った斧、今となってはワシですら使いたくないよ! うーん、もっと最初の頃に作れば良かった……。

【それ以外にも色々やってみるワシ】

■スキマ産業で生きていくんじゃ!

 生産の過程を体験しつつ、いろんな素材の採集なども続けていくワシ……しかし、ここでワシは考える。どうせなるなら鍛冶屋が1番カッコいいんじゃが、生活していくとしたときに、ワシみたいに始めたばかりの冒険者たちが作った武器、古参プレーヤーは買ってくれるじゃろうか?

 実際に武器を作ってみても実感したんじゃが、こう、「伝説のヘブンリーソード」(ワシが考えた最強の剣)を持って、戦っている戦士たちが、ワシの作った「ツーハンドアックス」を買うんじゃろうか? いや、買わない!

 「神々に愛されし衣」(ワシが考えた最強の防具)を纏っている魔法使いたちに、ワシが作った「布の服」売れるじゃろうか? いや、売れない! っていうか、ワシだったら買わない!

 クエストをクリアした報酬を売ったり、モンスターを倒して入手したアイテムを売るのは職人じゃないし、むしろ、追い剥ぎプレイだし……。

 ……む? 気づいたかも。ワシ! 気付いたかも!! スキマ産業じゃ! スキマ産業で生きていくのじゃ!

 つまり、ワシが作るんじゃなくて、ほかの冒険者がアイテムを作る材料を集めて、その材料を売るんじゃ!! これしかない!

■労働力が、労働力が足りない! ワシ、働きたい!!

 オッス! ワシ、ドワーフのスキマ産業職人!

 今回思いついたプランの計画じゃ。素材だけでなく、「労働力」も提供するのがワシのコンセプトなんじゃよ!

 マップにある木や、植物、鉱石(ワシの実感だと最初ちょっと解りづらかったから要注意じゃ)など、ほとんどのオブジェクトは採集することが可能なんじゃ。村にいるかわいいアヒルちゃんも肉にしちゃえるんじゃぞ。

 ただ、武器作りでも説明したように、どの行動ひとつにしても「労働力」というポイントを消費していくんじゃ。

 「労働力」は足りなくなるとそれらの行動ができなくなっちゃうので、職人プレイには1番大事なポイントだとワシはみたよ。

 「労働力」は、5分に5ポイント回復するんじゃが、たとえば、伐採には1回3ポイント消費する。どうじゃ? なんか、絶対的に足りないというような気がしてくるじゃろ?

 これは、ワシら職人も、ほかのプレーヤーも一緒なのはあたりまえな話。つまり、ワシが材料を提供するということは、材料だけでなく「労働力」をも売ることに他ならんのじゃ!

 ワシ天才。……でも、なんか奴隷プレイっぽい。

 「アーキ」の世界から出なければいけないときは、ゲームをたちあげっぱなしで放置(通常はログイン状態が「労働力」回復のための条件)し、「労働力」を貯め、辛い「現実」とか呼ばれる世界から帰ってきたら、貯めた「労働力」で一気に採集。フフフ。ワシにスキなし。

 あれ? 「現実」でも「アーキ」でも労働してない……?

■相場を調べて出荷出荷出荷出荷!

 マップ上で木を見つければ、久しぶりに会った恋人に走り寄るかのごとく飛びつき伐採。鉱石をみつければ、新幹線から子犬を助ける正義超人のように飛び出し採掘。労働力がなくなれば、廃人のようにその場に立ち尽くし、労働力回復したら即材に斧とピッケルを片手にマップに出る生活を続けてます。

 そして、材料を全部もったら加工! 加工!! 加工!!!(ちなみに、加工にも労働力を使うよ)

 結果、ワシの主力商品は、木材153個、鉄のインゴット53個、その他、手を加えた肉90個、数量はわずかながら、銀のインゴット、銅のインゴットに、穀物やら野菜などなど。

 これを、オークションに全部出展するんじゃ!

 これまでワシが全力で手に入れてきた商品たちよ! 金になってもどって来るんじゃ!!

 オークションでは、出展アイテムの相場が見ることができ、値動きや、商品価格が確認することができるので、オークション取引開始価格と、即決価格を設定が可能なんじゃ。

 ワシがプレイしている現在、最も主力商品と考えていた鉄のインゴットが3日ほど前に値崩れを起こし、いまジワジワと、値を上げ始めておる。つまり、これは、大量のインゴットが市場に出回ったものの、最近では鉄インゴットが市場からなくなり始めたに違いない!

 そして、インゴットを作る際に入手できた石材を、さらに加工して作った「冥府の石」! こちらのアイテムは、テレポートする際に必要となる消費アイテムであります。

 これは絶対にワシの店の目玉商品だからこちらも併せて出荷!

 どちらかといえば簡単に入手でき、大量に手に入れている木材も出荷。ぜーんぶ出荷!

 あとは・・・待つ!! うひひひひ。数時間後には、ワシ、大金持ち!!(フラグ)

 いや! フラグじゃねえからっ!!!

====================

 さて、出品してから6時間が経ちました。ゲームにログイン。

 結果発表!!!

出荷前:金13 銀22 銅94

出荷後:金74 銀25 銅46

 これはしょっぱ……くない! 約5倍!? 掘って、切って、加工して、売ってで、全財産が約5倍!? 初めてのオークションで、よくわからないまま金額設定していたのに約5倍!?

 フラグを思いっきり立てておきながら約5倍!?

 想像以上! 圧倒的想像以上な結果だ! 「うわーん、頑張ったのに、全然儲からなかったよお」ってオチを準備していたのに、これは大成功なんじゃないの!? ワシ!!

 やっぱり、鉄インゴットの売り上げが1番だったは……あれ? 売上、1番高かった商品、木材だ。

 うそ……。あんなに伐採しやすく、加工もしやすかった木材が1番高く売れてる!!

 鉱石は体感上、採掘できる場所が少なく感じ、インゴットに必要のない鉱石までもが取れてしまうので、絶対に高く売れると思っていたのに、町のすぐ外にある木から伐採できる木材が1番高く売れるという事実に呆然とするワシ。

 サーバー全体の経済の流れや、流通のタイミングがあるというものの、十分試す価値があるという点で、こうした方法はこれから職人プレイする人には自信をもっておすすめするぞ。

 ワシといっしょにキコリになろうぜ! そう! ワシらのキコリ道は始まったばかりなのじゃから!!

 最後に、ワシからのメッセージをキコリを目指す諸君に送るとするぞ。

□ウンガロのキコリ道のすすめ

・伐採する合間にもクエストは受けるべし
延々と伐採していると心が折れそうになるし、伐採ポイントを探している間にもクエストを完了できる可能性はあるぞ

・低レベル帯の際は、モンスターの群れにはつっこまない
伐採中も、モンスターに見つかると群れでフルボッコにされてしまうので、最初は安全そうな場所を選んで伐採するんじゃ

・若い木は伐採しない
生え始めている木からは採取できるものがすくないんじゃ。立派に育った木を伐採していくのがポイントじゃ

□(おまけ)で、稼いだ金どうしよ?

 今回の企画はこれでお終いなんじゃが……。ところでワシ、この財産何に使おう。強い装備とかなら余裕で買えちゃいそう。ワシ、戦士の生活を送れそう。あ、そういや、家とかも建てれるよね。材料とかは別途必要だし、税金が必要だけど、設計図なら、オークションにも出てるかもね。

 まあ、絶対に買える値段じゃな……。

 買えちゃう。家の設計図、買えちゃう。そして、この生活を続けていけば、税金とかも払えちゃう。

 MMORPGの世界で大してモンスターと戦ってないし、大きな活躍もしないで、木と石を相手にしていただけなのに、住宅持てちゃう!!

 よーし、これから、実際に家建てるための材料収集を始める!! 待ってろよ! 木材と石材!!

GAME Watch,たて りょうた

最終更新:5/17(水) 17:00

Impress Watch