ここから本文です

楽天打線、序盤に爆発=銀次、地元で逆転打-プロ野球

時事通信 5/17(水) 20:18配信

 つながり出したら、勢いはなかなか止まらない。楽天打線が二回に打者11人の猛攻で一挙6得点と爆発し、好調ぶりを見せつけた。

 一回に則本が日本ハムの中田に3ラン、大田に2ランを浴び、5点を先制された。だが、すぐに反撃を開始。1死一、二塁から藤田が左翼フェンス直撃の適時打を放ち、なお2死一、二塁で1番茂木が中前打で大量点の流れをつくった。

 続くペゲーロ、ウィーラー、アマダーの3連続適時打で同点。2番から外国人3人を並べる攻撃的な打線がようやく機能。同点打のアマダーは「どんな形でもつないでいこうと思っていた。振り出しに戻すことができてよかった」。

 さらに、岩手県出身の5番銀次が右前に運ぶ逆転打を放ち、「たくさん集まった地元のファンの前で、いいヒットを見せられてよかった」と満面の笑みを浮かべた。

 「自分たちの攻めの野球をして岩手で勝ちたい」と話していた銀次。それぞれが与えられた役割をきっちり果たすあたりに、首位を快走する強さをうかがわせた。

最終更新:5/17(水) 20:46

時事通信