ここから本文です

阪神・能見、七回途中無念の降板 1500回投球回達成も勝ち投手になれず

5/17(水) 20:07配信

デイリースポーツ

 「阪神-中日」(17日、甲子園球場)

 先発の阪神・能見が七回途中、無念の降板となった。

【写真】花束を贈られ祝福された能見だったが…

 先頭の京田、大島と連打を食い無死一、二塁。ビシエドは見逃し三振に斬ったが、続く平田に中前へ同点適時打を許してしまった。ここで交代が告げられ、代わりに桑原がマウンドへ上がった。

 6回までは、安定感抜群の投球を披露。左右両打者の懐を効果的に突き、抑え込んだ。また、五回終了時にはプロ野球史上176人目となる1500投球回を達成。節目のマウンドで、6回1/3を5安打1失点と好投した。