ここから本文です

「ぼったくりクリニック」ブログで医師を中傷 名誉毀損容疑で男性院長を書類送検

産経新聞 5/17(水) 15:14配信

 インターネットのブログに「ぼったくり」などと書き込み、同業医師の名誉を傷つけたとして、京都府警は17日、名誉毀損(きそん)容疑で、京都市中京区のクリニックの40代男性院長を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、院長は昨年7月ごろ、同じ診療科を営業する同市下京区の開業医について、自身が管理するブログに「ぼったくりクリニック」などと虚偽の事実を書き込み、名誉を傷つけた疑いが持たれている。

 院長はブログで、「京都・四条のぼったくりクリニックにご用心!」というタイトルで記事を公開。開業医のことを「日本一の技術を持つと豪語しているが、専門医でもなんでもない」「苦情が多数寄せられている」などと書き込んでいた。

 院長は産経新聞の取材に対し「ノーコメント」としている。

 一方、開業医は取材に「ブログに記事が公開されたことで損害を受けた」と述べ、書き込みのあった昨年7月は前月から売り上げが約200万円減少したとしている。

最終更新:5/17(水) 16:46

産経新聞