ここから本文です

JUMP有岡 タッキーから“こどもあつかい” 門脇麦からは人見知りを指摘される

デイリースポーツ 5/17(水) 20:50配信

 Hey!Say!JUMPの有岡大貴(26)が17日、都内で行われた映画「こどもつかい」(6月17日公開)のスペシャルイベントに登壇し、タッキー&翼の滝沢秀明(35)から“こどもあつかい”された。舞台あいさつをしている途中で、先輩の滝沢から連続で童顔を突っ込まれタジタジとなった。

 同作が初の映画出演だった有岡は、舞台あいさつでも言葉が詰まりがちに。スキを見て滝沢が「子役ですよね」と童顔ぶりにちゃちゃを入れたが、「新聞記者ですから」と返すのが精いっぱいだった。終了間際には再び滝沢に「有岡も子役でがんばりました」といじられたが、返す間もなく退場となってしまった。

 「こどもつかい」は「呪怨」シリーズの清水崇監督(44)が手がけたホラー作品で滝沢の初主演映画。有岡は滝沢演じる謎の男・こどもつかいの正体に迫る新聞記者を演じている。滝沢とは初共演だったが「撮影期間中にお近づきになれるかと思ってたんですが、現場ですでにこどもつかいだったので、話しかけられなかったです…」と反省した。

 有岡の人見知りぶりには共演の女優・門脇麦(24)もひと苦労だった。恋人役だったが、なかなか話が弾まなかったという。「“好きな食べ物は?”とかインタビュアーみたいに質問攻めにしてました。でも(答えが)一言で終わるんで、次の質問考えないと、みたいになってました」と暴露。黄色い声援を送っていたファンも“有岡いじり”の空気に乗り「え~」と大ブーイングを送っていた。

最終更新:5/17(水) 20:55

デイリースポーツ