ここから本文です

巨人ドラ1吉川尚、初先発も無安打…投打に散々 G党、早々帰宅

5/17(水) 21:18配信

デイリースポーツ

 「巨人0-7ヤクルト」(17日、東京ドーム)

 巨人・ドラフト1位・吉川尚輝内野手(中京学院大)が、7番・二塁で初先発した。期待のルーキーに注目が集まったが、三回の第一打席は空振り三振。4点を追う五回、無死二塁では遊飛に倒れ、走者を進めることもできなかった。七回、2死二塁の好機でも一ゴロに打ち取られた。最終回に2死一、二塁で4打席目が回ってきたが、三振に倒れた。

 投手陣も乱調。0-4の六回には2番手で登板したドラフト4位・池田(ヤマハ)が山田、雄平に適時打を浴びて降板した。3番手の篠原も押し出し四球で失点を重ね、0-7と厳しい展開。本拠地には4万4494人の観客が詰めかけていたが、六回の攻撃が終了すると早々と席を立つG党の姿も目立った。