ここから本文です

藤井道人「光と血」の予告編公開、ハンブルク日本映画祭での上映も決定

5/17(水) 20:00配信

映画ナタリー

「オー!ファーザー」やドラマ「100万円の女たち」で知られる藤井道人の新作「光と血」の予告編がYouTubeにて公開された。

【写真】「光と血」海外版ビジュアル(他11枚)

「光と血」は、事故によって最愛の弟を亡くした女、通り魔殺人で婚約者を失った男、性的暴行を受け心を閉ざした少女の喪失と再生を描く物語。世良佑樹、小林夏子、打越梨子らがキャストに名を連ねる。予告編には、幸せな日々からどん底に突き落とされた登場人物たちが苦悩するさまが映し出されている。

「光と血」は6月3日より東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開。なお本作は、現地時間5月31日からドイツで開催される第18回ハンブルク日本映画祭のオープニング作品として上映される。



(c)2017 BABEL LABEL

最終更新:5/17(水) 20:00
映画ナタリー