ここから本文です

比嘉の視力2・0に具志堅会長「俺は両目で3・0あるから」

スポーツ報知 5/17(水) 18:29配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)王座決定戦12回戦 アッサン・エンダム―村田諒太 ▽WBC世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ファン・エルナンデス―比嘉大吾 ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ガニガン・ロペス―拳四朗(20日、東京・有明コロシアム)

 予備検診が17日に都内のホテルで行われた。世界初挑戦するWBC世界フライ級1位・比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツ=はが身長60・5センチ、リーチ165センチ。同級王者ファン・エルナンデス(30)=メキシコ=は身長158・5センチ、リーチは166センチだった。

 比嘉は王者の顔を「怖い」としていたが、初対面の印象を「写真などで見慣れていたので大丈夫」と語った。視力は両目ともに2・0。「ずっといいんです」と得意げだった。それを聞いた眼鏡姿の具志堅用高会長(61)は「俺は両目で3・0あるから。1・5+1・5で。今もよく見えます」と話して報道陣の笑いを誘った。さらに、検診の数値を見て「大吾の判定勝ちだな」と予言(?)していた。

最終更新:5/17(水) 18:42

スポーツ報知