ここから本文です

拳四朗「身長が伸びている気がする」予備検診はほのぼのムード

スポーツ報知 5/17(水) 18:30配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング トリプル世界戦 ▽WBA世界ミドル級(72・5キロ以下)王座決定戦12回戦 アッサン・エンダム―村田諒太 ▽WBC世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ファン・エルナンデス―比嘉大吾 ▽WBC世界ライトフライ級(48・9キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ガニガン・ロペス―拳四朗(20日、東京・有明コロシアム)

 予備検診が17日に都内のホテルで行われた。世界初挑戦するWBC世界ライトフライ級4位・拳四朗(25)=BMB=は身長164・5センチ、リーチ165・8センチ。同級王者ガニガン・ロペス(35)=メキシコ=は身長164・5センチ、リーチ165・5センチだった。

 拳四朗はロペスの印象を「普通ですかね。年上やなあと思った」。父の寺地永会長(53)も「僕と変わらないような年齢に感じた」と語って笑わせた。さらに拳四朗は「身長が伸びている気がする。163センチくらいかと思っていたので」。世界初挑戦が迫っても、緊張を感じさせないほのぼのムードだった。

最終更新:5/17(水) 18:50

スポーツ報知