ここから本文です

DeNAが延長戦を制して3連敗でストップ 広島は九回に3点リード守れず

5/17(水) 21:32配信

デイリースポーツ

 「広島4-5DeNA」(17日、マツダスタジアム)

 DeNAが延長戦を制して連敗を3で止めた。

 延長十回1死満塁からロペスの右犠飛で勝ち越した。ロペスは「うれしい。3点差を追いついて、みんなに感謝したい。楽しみながら打席に入った。チームの雰囲気もよくなったので頑張っていきたい」と話した。

 3点を追う九回1死一、二塁からこの好機で宮崎の右前への打球を右翼・鈴木が後逸した。その間に宮崎は三塁に到達(記録は三塁打)し2点を奪った。さらに戸柱の適時打で同点に追いついた。

 広島は1点を追う七回1死二塁から代打・西川の右前適時打で同点。続く田中の1号2ランで勝ち越した。なおも鈴木の左前適時打で加点し一挙4点を奪って逆転したが、九回に今村が3点を守り切れず、延長十回に一岡が決勝点を奪われた。先発大瀬良が7回1失点の好投も勝てなかった。