ここから本文です

【楽天】5者連続適時打で5点差を一気逆転!日本ハム・加藤をKO

スポーツ報知 5/17(水) 20:12配信

◆楽天―日本ハム(17日、盛岡)

 楽天打線が爆発して、5点差を1イニングで、一気にひっくり返した。

 初回に先発・則本がまさかの炎上。中田に3ラン、大田に2ランを浴びていきなり5点を許す苦しい展開となった。だが、ここでファイティングポーズを崩さないのが今年の楽天だ。初回こそ無得点に終わったが、2回に一気に反撃に転じた。

 先頭の地元・岩手出身の銀次が中前安打で出塁。藤田の左前適時打で1点を返した。そして、2アウトから粘った。2死一、二塁から茂木、ペゲーロ、ウィーラー、アマダー、銀次の5者連続タイムリーでさらに5点を追加。打者11人の集中攻撃で5点差を逆転。試合前まで防御率1点台だった日本ハム先発・加藤をKOした。

 ▽藤田(左翼フェンス直撃の適時打)「球場が狭くてよかったです。まだまだ序盤だから1点ずつ返していきたいですね」

 ▽茂木(2点目となる中前適時打)「流れに乗って打ちました。繋いででいけばまだまだ分からないですからね」

 ▽ペゲーロ(3点目となる右前適時打)「点は取られたけど、まだまだ回は浅いからね。とにかく繋ぐことだけ考えていたよ。何とか食らいくことができたね」

 ▽ウィーラー(4点目となる左前適時打)「いつも則本がいいピッチングをしてチームを助けてくれるからね。だから、この打席はなんとか援護したかったんだ。チームの勢いに乗ることができて良かったよ」

 ▽アマダー(同点の左前適時打)「どんな形でも繋いでいこうと思っていたんだ。追い込まれてもなんとか食らいつくことができたね。とにかく振り出しに戻すことができて良かったよ」

 ▽銀次(勝ち越し右前適時打)「みんなが繋いでくれましたからね。強気のバッティングができました。沢山集まった地元のファンの皆さんの前でいいヒットを見せられて良かったです」

最終更新:5/17(水) 20:30

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 22:15