ここから本文です

石井輝男の十三回忌特集で26本上映、塚本晋也やリリー・フランキー迎えたトークも

5/17(水) 21:45配信

映画ナタリー

「石井輝男十三回忌」と題された特集上映が、5月20日から6月16日にかけて東京・シネマヴェーラ渋谷にて行われる。

【写真】「徳川女刑罰史」 (c)東映(他24枚)

この特集は、2005年8月12日に逝去した石井輝男の十三回忌にあわせて実施されるもの。「網走番外地」シリーズを大ヒットさせ、エログロ作品、アクション映画や時代劇を量産した石井の個性豊かなフィルモグラフィから26本がスクリーンにかけられる。「パノラマ島奇談」ほか江戸川乱歩による数編の小説をもとにした「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」、強烈なエログロ描写で“異常性愛路線”を打ち出した「徳川女刑罰史」「徳川いれずみ師 責め地獄」、宇津井健が主人公を演じる「スーパージャイアンツ」シリーズ第2弾の前後編「鋼鉄の巨人/怪星人の魔城」「鋼鉄の巨人/地球滅亡寸前」などがラインップされた。

そのほか、「盲獣VS一寸法師」に出演した塚本晋也とリリー・フランキー、「網走番外地・悪への挑戦」などに出演した谷隼人、「徳川いれずみ師 責め地獄」主演の片山由美子、「殺し屋人別帳」などに出演した伊吹吾郎、石井作品を数多く手がけた脚本家の掛札昌裕をゲストに迎えたトークショーも開催する。詳しくは劇場の公式サイトを確認しよう。

石井輝男十三回忌
2017年5月20日(土)~6月16日(金)東京都 シネマヴェーラ渋谷
<上映作品>
「鋼鉄の巨人/怪星人の魔城」「鋼鉄の巨人/地球滅亡寸前」(併映)
「暗黒街の顔役 十一人のギャング」
「徳川女刑罰史」
「明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史」
「実録三億円事件・時効成立」
「女体桟橋」
「いれずみ突撃隊」
「元禄女系図 残酷・異常・虐待物語」
「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」
「惑星ロボ ダンガードA対昆虫ロボット軍団」
「黒線地帯」
「神火101 殺しの用心棒」
「異常性愛記録 ハレンチ」
「殺し屋人別帳」
「地獄(1999年版)」
「女王蜂と大学の竜」
「決着」
「徳川いれずみ師 責め地獄」
「怪談昇り竜」
「盲獣VS一寸法師」
「ギャング対ギャング」
「網走番外地・悪への挑戦」
「やくざ刑罰史 私刑(リンチ)!」
「ポルノ時代劇 忘八武士道」
「監獄人別帳」(ニュープリント)

料金:一般 1500円 / シニア、会員 1100円 / 高校・大学生 900円 / 中学生以下 500円
※「監獄人別帳」は入替制1本立て上映、1100円均一
※5月20日「監獄人別帳」+トークショー(ゲスト:伊吹吾郎、掛札昌裕)は1300円均一

最終更新:5/17(水) 21:45
映画ナタリー