ここから本文です

広島、守りのミス連鎖=プロ野球

時事通信 5/17(水) 23:18配信

 広島は守りが乱れて4連勝を逃した。3点リードの九回1死から三塁安部の一塁悪送球をきっかけにピンチを招き、右翼鈴木が宮崎の打球に突っ込んで後逸して三塁打。延長十回は一岡が2四球と自身の失策で満塁とし、犠飛で決勝点を献上した。

 緒方監督は「しっかり守り切る試合ができなかった。投手も野手もいい経験にしてほしい」と反省を促した。

最終更新:5/17(水) 23:25

時事通信