ここから本文です

【オークス】レーヌミノル、2冠へ1馬身半先着!連覇かかる池添「あとは騎手の腕次第」

スポーツ報知 5/18(木) 6:03配信

◆第78回オークス追い切り(17日、栗東トレセン)

 牝馬クラシック第2弾の第78回オークス・G1の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。きょう18日に枠順が確定する。

 我慢を利かせてシャープに伸びた。2冠を狙うレーヌミノルは栗東のCWコースへ。メイショウカシュウ(5歳1000万)を3馬身前に見て、ゆっくりとスタート。コーナーで内を通ってもその差はまだ保ったままだ。ゴーサインが出たのはようやく残り1ハロンを過ぎてから。最後は馬なりのまま余力十分に1馬身半先着。“オークス仕様”をアピールした。

 6ハロン83秒7でラスト1ハロン13秒0。牝馬で輸送も控えるだけに時計は特筆すべきものではない。それでも「ゴール前で気合を乗せる感じ。先週3頭併せでやっているので無理せず予定通りの調整」と本田調教師も合格点だ

 デビュー2連勝が小倉の6ハロン。これまでマイルまでしか走っていない桜花賞馬には「距離不安」もささやかれる。だが、騎手時代に2度の牝馬2冠も果たした本田調教師は「デビュー時から最後はここを目標にできるようにという思いでやってきた。競走馬というのは、折り合いさえつけばとんでもない距離でも勝つことができる」と力説する。

 昨年のシンハライトに続く連覇もかかる池添は、道中で見せムチを入れるなど、テン乗りの桜花賞時から癖を把握して能力を引き出した。数々の名牝に騎乗してきたが、「スピードがあるのに乗りやすい馬は初めて」と独特の表現でその操縦性を高く評価。最終追い切りも見届けて「終わったあと、担当の中井助手から『桜花賞よりいい状態』と言われた。あとは騎手の腕次第だね」と自らにハッパをかけた。

 「2冠に挑戦できるのはこの馬だけ」。鞍上と指揮官が口をそろえる頂上決戦。8番人気だった前走同様に、下馬評を覆すか。(川上 大志)

最終更新:5/18(木) 8:15

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ