ここから本文です

米フォード、1400人削減=北米とアジアで

時事通信 5/17(水) 23:50配信

 【ニューヨーク時事】米自動車大手フォード・モーターは17日、経営効率化に向け、北米とアジアでホワイトカラー従業員約1400人を削減すると明らかにした。

 株価の押し上げが狙い。

 今回の削減は同社のホワイトカラー従業員の約1割に相当し、早期退職などを通じ9月末までに実施する。工場などで働く時間給の従業員は対象に含まれない。既に効率化を進めている製品開発やIT関連、金融子会社の従業員も対象外という。

 トランプ米大統領は自動車各社に米国内の雇用拡大を要請してきた。しかし、フォードにとって稼ぎ頭の米新車市場での販売は減少基調となっている。株価低迷も続き、フィールズ最高経営責任者(CEO)の手腕を疑問視する声も出始める中、人員削減を余儀なくされた。同社は昨年、販売不振を理由に日本市場から撤退している。 

最終更新:5/17(水) 23:55

時事通信