ここから本文です

【阪神】3安打で4連勝決めた金本監督「選手が一丸となっている」

スポーツ報知 5/17(水) 22:26配信

◆阪神2―1中日(17日・甲子園)

 阪神が今季ワーストタイの3安打で効率よく2点を挙げて、4連勝を飾った。試合後の金本知憲監督(49)との一問一答。

 ―今日の勝利はいかがですか。

 「能見とピンチをしのいだ桑原とマテオ。その3人の投球で勝ったと思います」

 ―能見は早いテンポで抑えた。

 「テンポもコントロールも良く、ストレートの走りも5、6年前のいい時に戻ったのかなと。一番いい時の能見を見ているようでした」

 ―原口が5回に先制の一発。

 「元々彼の勝負強さ期待して出したんですけど、走者いない時の一発と、いい仕事をしてくれましたね」

 ―高山が8回に勝ち越し打。

 「ピッチャーに回ってくるかなというので、9番のところに(5番左翼の)中谷を(ベンチに)下げてまで高山を出して。バルデスがそのまま来るのは分かっていたんですけど、矢野コーチが『「高山でいこう』ということだったんで。左対左でも言ってくれたんで、矢野コーチのファインプレーですね」

 ―5月はこれで10勝2敗。好調の理由は?

 「色んな勝ち方。逆転勝ちとか接戦を取ったりしてますけど、選手がとにかく前を向いて一つになって、一丸となっている。負けている時でもちゃんと前を向いて、戦おうとしてくれている。それが一番だと思うんですけどね」

 ―明日に向けて。

 「今日で(中日3連戦の)勝ち越し決めましたけど、気を抜かず油断せず明日また頑張りたいと思います」

最終更新:5/17(水) 22:27

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 6:20