ここから本文です

【広島】3点リード守れず…失策、四球から逆転負け 首位・阪神とは今季最大2・5ゲーム差

スポーツ報知 5/17(水) 22:45配信

◆広島4―5DeNA=延長10回=(17日・マツダスタジアム)

 広島が痛い逆転負けを喫し、首位・阪神とのゲーム差が今季最大の2・5に開いた。3点リードの9回に今村が登板したが、1死から三塁・安部の一塁悪送球と四球で一、二塁。続く宮崎のライナー性の打球に、右翼・鈴木が突っ込んだが、後ろにそれて2点三塁打となった。さらに、戸柱の適時打で同点とされた。

 延長10回には4番手・一岡が先頭の代打・エリアンに四球。1死二塁からは桑原の平凡な投ゴロを後逸して傷口を広げ、満塁からロペスに決勝犠飛を許した。緒方監督は「投手、野手を含め、守り切れなかった」と振り返った。

最終更新:5/17(水) 22:50

スポーツ報知