ここから本文です

伊藤淳史、今度は電話男!日テレ系7月連ドラ「脳にスマホが埋められた!」に主演

スポーツ報知 5/18(木) 5:03配信

 俳優の伊藤淳史(33)が7月6日スタートの日本テレビ・読売テレビ系連続ドラマ「脳にスマホが埋められた!」(木曜・後11時59分)に主演することが17日、分かった。

 人気放送作家の鈴木おさむ氏(45)が企画を担当した意欲作。伊藤はタイトルの通り、ある日突然脳がスマートフォンのようになってしまったアパレル会社のサラリーマン・折茂圭太を演じる。視界にはメッセージの吹き出しが飛び交い、他人の秘密まで知ることのできる能力が備わったことからさまざまなトラブルに巻き込まれつつも人助けをしていく一話完結型のドラマだ。

 伊藤は「このありえない設定の面白さを存分に楽しんでいただければ」と意欲。「“脳内スマホ”によって、人の表裏が垣間見える。人間って、そういう面を必ず持っているでしょうし、ぶっ飛んだ設定の中で、ヒューマンな部分も大切に描いていきたい」と話すと、鈴木氏も「伊藤淳史君はベストキャスト」と太鼓判。「スタッフも言っていました、『電車男が電話男になる』と。2017年夏、“電話男”に熱くしてもらいましょう」と期待を寄せている。

 ガラケー派の圭太にスマホの使い方を教えるヒロイン・柳子(りゅうこ)役を女優の新川優愛(23)が演じる。新川は「一日の終わりに、スマホをいじりながらテレビをつけて、いつの間にか、そのスマホをいじるのを忘れて、ついつい見入ってしまう。そんな作品をお届けしたい」と新感覚ドラマに自信を見せた。

最終更新:5/18(木) 5:03

スポーツ報知