ここから本文です

【NBA】ウィザーズのK.ウーブレイ、PRP療法で右ひざ治療へ

5/17(水) 13:59配信

ISM

 ワシントン・ウィザーズのケリー・ウーブレイが現地16日、右ひざの治療のため自己多血小板血漿療法(PRP)を受ける予定であることが分かった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが、リーグ関係者の話として報じた。

 同サイトによると、プロ2年目のウーブレイはアトランタ・ホークスとのプレーオフ1回戦からひざのケガに悩まされていたようだ。先日受けたMRI検査で構造上の損傷はないと診断されたとのことで、約2週間で復帰できる見通しだという。

 また、ウーブレイは同日のインタビューで、MRI検査の結果をチームに知らせないようお願いしたと明かす一方で、早いうちにひざを治療しなければならないことを認めたと『ESPN』は伝えている。

 21歳のスモールフォワードは、今プレーオフ12試合に出場し、平均5.8得点、スリーポイントシュート成功率36.7%を記録。ウィザーズは15日のイースタンカンファレンス準決勝第7戦でボストン・セルティックスに敗れてポストシーズン敗退となった。

最終更新:5/17(水) 13:59
ISM