ここから本文です

日テレ『映画天国』でLGBT特集 『パレードへようこそ』など4週連続放送

オリコン 5/18(木) 11:00配信

 日本テレビ系映画番組『映画天国』(毎週火曜 深1:59)では、世界的にLGBT Prideパレードが実施される『プライド月間(Pride Month)』に合わせ、『映画天国LGBT映画祭』として6月5日より4週連続で“LGBT”レズビアン(女性の同性愛者)・ゲイ(男性の同性愛者)・バイセクシュアル(両性愛者)・トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人たち)をテーマにした作品を放送することがわかった。

他3作品劇中カット

 Prideパレードとは、LGBTが「自分たちの性的指向や性自認にPrideを持って生きよう」と奮起し、1970年から始まったイベントのこと。毎年6月にはニューヨーク、サンフランシスコ、トロント、ベルリン、ソウルなど、世界各地で大小様々なLGBTのイベントが開催されている。

 今回放送するのは、イタリア南部の保守的な街を舞台に、パスタ会社の創業者の跡取り問題をコメディータッチも交えて描くドラマ『あしたのパスタはアルデンテ』(5日深夜)、女の子になりたいと願う少年の姿を描いたハートウォーミングなドラマ『ぼくのバラ色の人生』(12日深夜)、自由を得るために男性として生きなければならなかった女性の姿を追った『アルバート氏の人生』(19日深夜)、ストライキ中の炭鉱労働者と家族を支援するため、ゲイ&レズビアンの仲間がLGSMという組織を結成し、募金活動を開始、連帯が広がっていく様子を実話に基づき描いた『パレードへようこそ』(26日深夜)の4作品。

 また、LGBTの当事者でもある映画ライター・よしひろまさみち氏と、NPO『虹色ダイバーシティ』代表の村木真紀氏をゲストに迎え、みどころやLGBT目線からみた分析を含む作品解説コーナーを本編前に実施。谷生俊治プロデューサーは「今回お届けする映画は、いずれも世界の映画祭で様々な受賞歴を誇る素晴らしい作品です。LGBTの当事者や関係者の方々はもちろん、そうでない視聴者の皆様にもお楽しみいただける映画が4本放送できることをうれしく思います」とコメントしている。

最終更新:5/18(木) 11:00

オリコン