ここから本文です

【東西現場記者走る】リスグラシュー距離延びて大チュ~目

サンケイスポーツ 5/17(水) 9:46配信

 オークスの勝ち馬を探し出すGI連載の2日目に、東京サンスポの板津雄志記者(37)は桜花賞2着のリスグラシューを取り上げた。もともと樫の舞台を大目標としてきた実力馬で、東京芝2400メートルの適性は申し分ない。ちょっとした噂、気になる点などをまじえてリポートする。

 密着2日目の朝、カメラマンからある噂を聞いた。「リスグラシューはカメラが好きらしい」。音に敏感な生き物である馬が、パシャパシャと鳴る機械を本当に好むものなのか。その真相を確かめるため、矢作厩舎に向かった。

 「この馬はカメラを構えられると顔を寄せていく。普通、カメラが好きな馬は少ないと思うけどね。錦織圭のまねでもしてるんかな。でも、サインはできないから、レンズに顔をくっつける。リスグラ“チュー”や」

 担当の北口助手はだじゃれをかまして満面の笑みを浮かべる。どうやら噂は本当のようだ。カメラ好きということは、それを扱う人間も信用しているということ。GI当日の特別な雰囲気にもイレ込んだりすることはないだろう。この日は角馬場での調整だったが、「落ち着いて、いい雰囲気。カイバも食べている」(同助手)と状態面にも不安はなさそうだ。

 今年初戦のチューリップ賞では物足りない競馬で3着に敗れたが、きっちり仕上げた前走の桜花賞ではゴール前で猛追して2着に巻き返した。

 矢作調教師は「2400メートルのオークスは絶対能力が問われるレース。だから毎年(距離延長でも)桜花賞組が強いんだ。しかも今年はハイレベルだったと思っている」と力説し、「リスグラシューはエンジンのかかりが遅いぶん、長くいい脚を使える。それが2400メートルを走るうえでプラスになる。もともと、オークスを目標にしてきた馬だから」と逆転をもくろむ。

 気になるのは東京への長距離輸送か。トレーナーは「アルテミスS(1着)のときが輸送で思ったより体重が減っていた」と明かしただけに、追い切り後の馬体重もきっちりチェックする必要がありそうだ。

 早い時期から樫の舞台を目標としてきたリスグラシュー。今度こそ、カメラに向けて勝利のキスを届けることができるか-。 (板津雄志)

最終更新:5/17(水) 9:46

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ