ここから本文です

ハリス米太平洋軍司令官、「日本最西端」の自衛隊駐屯地を訪問 河野克俊統幕長が招待、中国を牽制

産経新聞 5/17(水) 20:12配信

 ハリス米太平洋軍司令官は17日、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長とともに、日本最西端の沖縄県与那国町にある陸上自衛隊与那国駐屯地を訪問し、部隊を視察した。自衛隊と米軍の高官がそろって自衛隊駐屯地を訪問するのは極めて異例で、強固な日米関係を示すことで、海洋進出を進める中国を牽制する狙いがある。

 河野氏がハリス氏を招待し、訪問が実現した。与那国駐屯地は平成28年3月に開設され、レーダーなどで周辺の海空域を監視する約160人の沿岸監視隊が配置されている。両氏は島内の「日本最西端の碑」なども訪れた。

 ハリス氏は16日には安倍晋三首相らを表敬訪問していた。

最終更新:5/17(水) 20:12

産経新聞