ここから本文です

天理大が逆転優勝、1年生左腕・森浦が完投/阪神大学リーグ

サンケイスポーツ 5/17(水) 15:05配信

 野球の阪神大学リーグは17日、大阪・万博球場で4回戦1試合を行い、天理大が9-1で関西国際大を下し、3季ぶり16度目(春は4年ぶり10度目)の優勝を果たした。先発の左腕・森浦大輔投手(1年、天理)が完投した。打線が1-1で迎えた八回に一挙7点を奪って、勝負を決めた。

 天理大は勝者が優勝となる関西国際大戦の初戦は落としたが、2戦目を引き分け、3戦目で勝ち、1勝1敗1分けのタイとし、4戦目で勝って逆転優勝。

 天理大は大学選手権(6月5日開幕、神宮、東京ドーム)に出場する。

最終更新:5/17(水) 15:05

サンケイスポーツ