ここから本文です

菅田将暉、“お忍び”で映画館へ 「人生で初めて自分が出演する映画を劇場でみた」

サンケイスポーツ 5/17(水) 16:18配信

 俳優、菅田将暉(24)が17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演映画「帝一の國」(永井聡監督)の大ヒット舞台あいさつに出席した。

 漫画家、古屋兎丸氏(49)の同名漫画が原作で、名門高校の生徒会長選挙で火花を散らす個性的な男子高校生の奮闘を描く学園コメディー。

 舞台上では、先月29日の公開初日から19日目のこの日、観客動員が100万人を突破したと発表され、菅田は「ミリオンですね!」と大喜び。

 今月15日には“お忍び”で東京都内の映画館を訪れ「人生で初めて自分が出演する映画を劇場でみた」と報告し、「今までは恥ずかしくて(劇場で)みることができなかったけど、観客の方が盛り上がっていてうれしかった」と感謝していた。

 共演の野村周平(23)、竹内涼真(24)、間宮祥太朗(23)、志尊淳(22)も登壇した。

最終更新:5/17(水) 16:18

サンケイスポーツ