ここから本文です

ヤクルトは五回に大松が2点二塁打 由規は五回まで無失点

サンケイスポーツ 5/17(水) 19:53配信

 (セ・リーグ、巨人-ヤクルト、7回戦、17日、東京D)ヤクルトは五回二死一、二塁から、大松が右中間に2点二塁打を放ち、4ー0とした。

 先制したのはヤクルト。一回、最近2試合で安打のなかった3番・山田が一死二塁から右腕・大竹のチェンジアップを中前へ運ぶ先制適時打を放ち、「少し(体勢を)崩されましたが、うまく打つことができました」とコメントした。山田は次打者・雄平の初球でスタートを切り、今季7盗塁目となる二盗。雄平の左中間二塁打で2点目のホームを踏んだ。

 先発の由規は五回まで無失点に抑えている。

最終更新:5/17(水) 19:54

サンケイスポーツ