ここから本文です

病の身内のため…DeNA・パットン、気迫のセーブ「きょうは勝ちたいと思っていました」

サンケイスポーツ 5/17(水) 23:30配信

 (セ・リーグ、広島4-5DeNA、8回戦、DeNA5勝3敗、17日、マツダ)DeNAのパットンが5-4の延長十回に登板。3番・丸からの好打順だったが2三振など3者凡退に抑えて7セーブ目を挙げた。

 4月18日の対戦では、この日と同じマツダスタジアムで1点リードの九回に登板したが、1/3回で4安打2失点でサヨナラ負けを喫していた。同30日の対戦(横浜)では、4点リードの九回に登板し3点を奪われるなど、この日の試合前時点で広島との対戦防御率は19・29だった。

 「エキサイティングな気持ちでマウンドに上がったよ。絶対に抑えようと思っていた。ここでやられているし、そこをプラスに変えて、何とか抑えようと思っていた」と、振り返った。そして、「妻の兄(30歳)に癌が見つかった。きょうは広島を抑えて試合に勝ちたいと思っていました。きょうのセーブは彼にあげたい」と神妙な面持ちで語った。

最終更新:5/18(木) 0:06

サンケイスポーツ