ここから本文です

DeNA・三上、リリーフ陣の好投に救われ感謝「中継ぎ一丸?普段からそういう雰囲気ある」

サンケイスポーツ 5/17(水) 23:31配信

 (セ・リーグ、広島4-5DeNA、8回戦、DeNA5勝3敗、17日、マツダ)DeNAは17日、広島に延長十回の末に5-4で逆転勝ちした。

 1-0の七回に2番手として登板した三上は先頭の松山の右前打から一死二塁とされると、代打・西川に同点の右前適時打を浴びた。6回無失点と好投した先発・ウィーランドの白星を消してしまうと、続く田中に勝ち越し2ラン。菊池に左翼フェンス直撃の二塁打を打たれて交代した。3番手の砂田が鈴木に左前適時打を許したため、三上は1/3回を投げ、打者5人に対し11球で4安打、4失点の内容だった。

 「四球でガタガタといくのでなく、11球で4安打されたわけですから、甘かったということです」

 試合後は猛省。それでも3番手の砂田から、田中健、山崎康が無失点投球で流れを断ちきると、見方打線が九回に追いつき、延長十回には勝ち越しに成功。最後は3者凡退でパットンが締めた。

 リリーフ陣の好投に助けられた三上は「九回は追いつきそうな雰囲気があったので、祈って見ていました。長いシーズンなので打たれてしまうことはある。中継ぎ一丸? 普段からそういう雰囲気はある。抑えたらみんなで喜び、打たれたらみんなでカバーする。きょうは僕がカバーしてもらいました」と仲間に感謝していた。

最終更新:5/18(木) 0:07

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/26(金) 9:40