ここから本文です

ロケットラボの「エレクトロン」ロケット、5月22日に初打ち上げ 月面レースチームも予約

sorae.jp 5/17(水) 10:31配信

民間宇宙開発企業のロケットラボ社は、同社の小型ロケット「エレクトロン」を5月22日09時(現地時間)に初めて打ち上げることを発表しました。
 
今回打ち上げられるのは、実験機の「これはテスト(It’s a Test)」。ニュージーランド北部のMahia Peninsulaにて、10日間の打ち上げウィンドウが設定されています。また当日には最適なタイミングを見計らうために、慎重に何度かの打ち上げ試行が行われる予定です。ペイロードは空となっています。
 
ロケットラボは今後3回のテスト打ち上げを行い、年内後半の商業打ち上げの開始を目指しています。その打ち上げ能力は500km上空の太陽同期軌道に、150kg。ロケット第1段には液体酸素とケロシンを利用するエンジンを9基、第2段にはエンジンを1基搭載しています。さらにロケット打ち上げを予約している顧客には、民間初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」のアメリカチーム「Moon Express」もあります。
 
5月22日の打ち上げはストリーミング配信などは行われませんが、後日動画が公開される予定です。

最終更新:5/17(水) 10:31

sorae.jp