ここから本文です

【映像】南太平洋世界遺産の島 廃プラで最悪の環境

AP通信 5/17(水) 12:19配信

(オーストラリア ローンセストン 5月16日 AP)― 南太平洋に浮かぶ美しい島は、実は世界でもっとも汚染されている島として知られている。

イギリスの海外領土ピトケアン諸島にある無人島、ヘンダーソン島は1988年、ユネスコの自然遺産として登録されたが、南太平洋循環という海流によって運ばれてくる廃プラスチックが蓄積。

2015年に豪タスマニア大学海洋・南極研究所のジェニファー・レイバース博士らの調査では、3770万個の廃プラスチックが見つかった。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:5/17(水) 12:19

AP通信