ここから本文です

【NFL】イーグルスDEグラハムが契約留保を否定

NFL公式サイト日本語版 5/17(水) 12:06配信

フィラデルフィア・イーグルスのディフェンシブエンド(DE)ブランドン・グラハムは契約を留保しているわけではなかった。グラハムは現地16日(火)、『Twitter(ツイッター)』に誤解を解くための文面を投稿している。

【2016年第17週】カウボーイズ対イーグルス

「フィラデルフィアに戻って来た。ファンの皆に対して2つ、3つクリアにしておきたいことがある。俺は決して契約留保などはしていない。先週はデトロイトで家族と過ごしていた。フィラデルフィアでプレーするのが好きだし、ファンやチームのことも大好きだ。契約に関して何か不満を持ったことはない。どこからそんなうわさが流れてきたかも分からない。これからはオフシーズンのトレーニングに参加してチームを引っ張りたい。シーズンに向けてしっかり準備していく」

グラハム自身の言葉が真実への一番の近道であろう。

グラハムは今週、『Philadelphia Inquirer(フィラデルフィア・インクワイアラ―)』がグラハムは新しい契約を望んでいると伝えた後にチームの自主参加型ワークアウトプログラムに復帰。

『NFL Network(NFLネットワーク)』のマイク・ガラフォロはその直後、グラハムは新契約を要求せずにチームに戻る見込みだと報じていた。

2015年に4年2,600万ドル(約29億3,000万円)で契約を結んだグラハム。キャリア8年目を迎え、2017年と2018年は650万ドル(約7億3,200万円)を受け取ることになっている。これはリーグでいまだ先発経験のないチームメイトのDEビニー・カリーよりも少ない金額だ。

最終更新:5/17(水) 12:06

NFL公式サイト日本語版