ここから本文です

錦織の初戦はキャリア700勝達成のフェレールに [ローマ/男子テニス]

5/17(水) 7:30配信

THE TENNIS DAILY

「BNL イタリア国際」(イタリア・ローマ/5月14~21日/賞金総額427万3775ユーロ/クレーコート)に錦織圭(日清食品)が出場する。世界ランク9位(5月15日付)の錦織は第7シードとなり、初戦となる2回戦の対戦相手はダビド・フェレール(スペイン)に決まった。

錦織がジョコビッチ戦を前に棄権の決断「ここで悪化させるより、治して毎試合を全力で戦えるようになりたい」 [ムトゥア マドリッド・オープン]

 フェレールは1回戦で、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)を4-6 6-3 6-1で破っての勝ち上がり。35歳のフェレールはこの結果で、キャリア通算700回目のマッチ勝利を記録した。

 両者の過去の対戦成績は、錦織が9勝4敗でリード。前週のマドリッド(ATP1000/クレーコート)では3回戦で対戦し、錦織が6-4 6-3で勝っている。

 今大会に3年連続4度目の出場となる錦織は、昨年の大会で自己最高の準決勝進出を果たし、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に6-2 4-6 6-7(5)で敗れていた。

 この大会の予選にはダニエル太郎(エイブル)が出場していたが、1回戦で第1シードのヤン レナード・ストルフ(ドイツ)に1-6 2-6で敗れていた。

 BNL イタリア国際はATPツアーで年間9大会行われるマスターズ1000シリーズの第5戦目で、シングルス56ドロー、ダブルス24ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

日本人選手予選結果

【予選1回戦】

●2ダニエル太郎(エイブル)1-6 2-6 ○1ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)[1]

------------------------

【錦織の今大会での過去の戦績】

<2016年>

準決勝 ●錦織[6] 6-2 4-6 6-7(5) ○ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]

準々決勝 ○錦織[6] 6-3 7-5 ●ドミニク・ティーム(オーストリア)[13]

3回戦 ○錦織[6] 6-1 6-4 ●リシャール・ガスケ(フランス)[11]

2回戦 ○錦織[6] 5-7 6-2 6-3 ●ビクトル・トロイツキ(セルビア)

1回戦 Bye

------------

<2015年>

準々決勝 ●錦織[5] 3-6 6-3 1-6 ○ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1]

3回戦 ○錦織[5] 6-4 6-3 ●ビクトル・トロイツキ(セルビア)

2回戦 ○錦織[5] 7-6(3) 7-5 ●イリ・ベセリ(チェコ)

1回戦 Bye

------------

<2013年>

2回戦 ●錦織[16] 4-6 1-6 ○ジェレミー・シャルディ(フランス)

1回戦 ○錦織[16] 6-2 6-4 ●パオロ・ロレンツィ(イタリア)[WC]

------------

<2011年>

※本戦は棄権

予選決勝 ○錦織[1] 6-7(4) 7-5 6-2 ●フェデリコ・ デルボニス(アルゼンチン)

予選1回戦 ○錦織[1] 6-3 7-5 ●マッシモ・ゴンサレス(アルゼンチン)

------------------------

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

アンディ・マレー(イギリス)[1]
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[2]
スタン・ワウリンカ(スイス)[3]
ラファエル・ナダル(スペイン)[4]
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[5]
マリン・チリッチ(クロアチア)[6]
錦織圭(日本/日清食品)[7]
ドミニク・ティーム(オーストリア)[8]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:MADRID, SPAIN - MAY 11: Kei Nishikori of Japan in action against David Ferrer of Spain during day six of the Mutua Madrid Open tennis at La Caja Magica on May 11, 2017 in Madrid, Spain. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:5/17(水) 7:30
THE TENNIS DAILY