ここから本文です

銀座の百貨店で浴衣商戦がスタート

TOKYO MX 5/17(水) 20:04配信

TOKYOMX

東京・銀座の百貨店で5月17日、浴衣の販売が始まりことしも浴衣商戦がスタートしました。従業員による気合いの入った朝礼ではじまった浴衣販売の初日、色とりどりのゆかたを着た社員たちが来店客を出迎えました。

 明治2年に呉服店として創業した松屋銀座。プライドを賭けたことしの浴衣商戦では、1000着を取り揃える予定です。銀座松屋で注目のことしの浴衣は、縦のラインが入っていることでスッキリすらりと見える効果のある浴衣です。また、大人らしく上品に見える青や水色などの爽やかな色合いや、大胆な花柄なども注目だということです。

 松屋銀座によりますとここ数年、幅広い世代で気軽に浴衣を楽しむ傾向が強まり売り上げが好調だということで、ことしは売り上げ1億円を目指すとしています。

最終更新:5/17(水) 20:04

TOKYO MX