ここから本文です

レノファ山口が各市町のご当地選手決める

宇部日報 5/17(水) 13:51配信

観光PRなどに協力

 サッカーJ2レノファ山口は15日、県と県内全19市町ごとのご当地所属選手を発表した。選手たちは、各自治体でのPRや応援活動に取り組む。県は、上野展裕監督と、キャプテンのMF鳥養祐矢選手。市町は抽選により決めた。山口市が、新加入で今季2得点を挙げているMF小野瀬康介選手。宇部市は、新加入で副キャプテンのDF渡辺広大選手。山陽小野田市は、大卒ルーキーのMF池上丈二選手。

 今年3月の、県内全市町ホームタウン化を機とした連携の一環で、初めて実施。ご当地所属選手らは今後、各自治体との打ち合わせを経て、サッカー教室への参加、観光や行事のPR活動などを行っていく。その他のご当地所属選手は次の通り。(敬称略)

 ▽下関市=小塚和季▽防府市=岸田和人▽周南市=パク・チャニョン▽美祢市=宮城雅史▽萩市=清永丈瑠▽下松市=高柳一誠▽岩国市=村上昌謙▽光市=加藤大樹▽長門市=岡本英也▽柳井市=福元洋平▽周防大島町=大石治寿、吉満大介▽和木町=廣木雄磨、山田元気▽上関町=米澤令衣、三幸秀捻▽田布施町=佐藤健太郎▽平生町=前貴之、和田昌士▽阿武町=香川勇気、星雄次

最終更新:5/17(水) 13:51

宇部日報