ここから本文です

【映像】凶弾に倒れる調査報道記者 メキシコ麻薬組織を取材

AP通信 5/17(水) 18:15配信

(クリアカン メキシコ 5月15日 AP)― 長年にわたり麻薬犯罪組織を取材し、数々の賞を受けたメキシコの調査報道記者ハビエル・バルデスさんが15日、カリフォルニア湾の入り口に面するシナロア州の地元で凶弾に倒れた。3月以降メキシコで殺害されたジャーナリストはバルデス記者が6人目。

バルデス記者は15日午後、共同経営しているクリアカンの新聞社近くの路上で銃撃された。地元メディアの報道によると、バルデス記者は車から引きずり出され、数発撃たれたという。

シナロア州のファン・ホセ・リオス司法長官は、殺害現場を訪れて「バルデス記者の取材も含めて、あらゆる手掛かりを捜査する」と述べた。

国内だけでなく国外でも著名だったバルデス記者は、生前麻薬取り引きに関する本を数冊執筆した。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:5/17(水) 18:15

AP通信