ここから本文です

iPhone7の写真を5分で一発整理する方法

5/17(水) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

この休暇は本気で遊び尽くした!そんなあなたのiPhoneには、休暇をいっしょに過ごした友達や家族の写真でいっぱいのはず。 ただ、旅行のあとの写真の整理って正直面倒ですよね。そのまま置いておいたら、二度と探せないかもしれません。

AppStoreで写真整理アプリを探すのもいいけど、iOSの標準アプリ「写真」だけでかなりのことができること、知ってます?

「写真」アプリは「アルバム」「写真」「共有」「メモリー」と大きく4つの機能に分かれています。それぞれの機能は画面下部のアイコンをタップすれば切り替えられます。 旅行写真の整理では、一番利用するのは「アルバム」です。

ですが、たくさんの写真がiPhone内に保存してあると、過去の写真を探し出すには、スワイプで何度もスクロールする必要があって、率直なところかなり大変です。

これをなんとかしたい……!

写真アプリの検索テクニック1:「日付で探す」

アルバムから写真を探し出すコツは、検索機能を使うこと。これ、意外と役立ちます。

まず、アルバムの画面上部にある虫眼鏡のアイコンをタップすると、検索画面に切り替わります。たとえば「2016年5月」の旅行の写真を探したいときは、検索フォームに「2016年5月」と入力してみてください。 2016年5月に撮影した写真をすべてピックアップしてくれるので、そのなかから目的の写真が探せます。

写真アプリの検索のテクニック2:「場所や状況で探す」

探し方その2。これ、iPhoneってこんなに賢いんだ?って思う瞬間ですよ。 撮影した場所や、撮影した「対象」もキーワードとして使用できます。 たとえば「東京 寿司」と入力してみましょう。

すると、「東京都」で撮影した「お寿司」をピックアップしてくれます。位置情報で検索できるのはスマホ時代には不思議じゃないですけど、料理はどうやって判別しているのかって?

これは、撮影した被写体の内容を、iPhoneが自動で判定しているんです。試しに、「カレー」で検索しても、カレーが出てきます。カレーライスと麻婆豆腐が混ざって検索されてしまうこともありますが、大した問題じゃありません。大量に写真があるカメラロールから探すよりは断然カンタンですからね。

1/2ページ

最終更新:5/17(水) 20:10
BUSINESS INSIDER JAPAN